生涯学習・セミナーなら名古屋市民大学講座

HOME 生涯学習 自己啓発 セミナー 新入社員研修 名古屋市
講演会 生涯学習 自己啓発 セミナー 新入社員研修 一般社団法人名古屋市
はじめての方
第60期 講演会のご案内
料金システム案内
よくあるご質問
受講者の声
これまでの講演会(第59期〜)
これまでの講演会(第42期〜第57期)
これまでの講演会(第35期〜第41期)
これまでの講演会(第27期〜第34期)

セミナー 生涯学習 自己啓発 セミナー 新入社員研修 名古屋市
セミナー紹介

講師派遣 生涯学習 自己啓発 セミナー 新入社員研修 名古屋市
ビジネスマナー
メンタルヘルスセミナー
派遣講師紹介
講演会の講師派遣

インフォメーション 生涯学習 自己啓発 セミナー 新入社員研修 名古屋市
法人所在地
会員申込み
ブログ
お問い合わせ
チケット申し込み
法人会員のご案内

 
第59期 講座概要  メインテーマ「本物を知る、本物に出会う」
□開講期間  2016年5月18日(水)〜11月17日(木) 全8回

□会費     全受講(8回)会員21,600円(税込)、4回会員12,300円(税込)
          ※入会諸経費1,080円(学生・65歳以上免除)

□公開講座   前売チケット1枚(1講座につき)3,000円(税込)
          ※ペアチケット2名(1講座につき)5,400円(税込)

□時間     開場 18:30〜 開演19:00〜20:15(予定)
          ※第8回 修了式:19:00〜 コンサート:19:15〜20:30(予定)

□会場     第1〜7回・・・愛知県産業労働センター(ウィンクあいち)
          <5F小ホール1、2、1101会議室>
          第8回【コンサート】・・・千種文化小劇場


         

   5月18日(水) 『東日本大震災〜原発3キロ圏内の真実〜』
  講師:陸上自衛隊守山駐屯地業務隊長
       一等陸佐
       山下 和敏(やました かずとし) 先生
       
      
  会場:ウィンクあいち <5F小ホール2>

  1福岡生まれ。名古屋、鹿児島育ち。宮崎出身。
  28期防衛大学校卒業。陸上自衛隊第4施設群中隊長、
  37期CGS(指揮幕僚課程学生)、西武方面隊防衛部運用班、
  第一施設団訓練班長、統幕事務局長(統幕副長)副官、
  陸幕人事部給与室先任、防衛大学校主席指導官、
  50期AGS(幹部高級課程学生)北部方面総監部人事課長、
  帯広地方本部長を歴任する。震災当時は第2施設群長として
  福島第1原発周辺の行方不明者捜索などを指揮し、
  原発3キロ圏内に入り、その活動の100日間をつぶさに
  記録した。
  もっとも被ばく線量の多い自衛官の一人でもある。
  三人兄弟の長男であり、全員が防衛大学校に入り
  自衛官でもある。現在は守山駐屯地業務隊長。

   6月6日(月) 『世の中の潮流をどう読むか―日本からグレーター・ナゴヤまで―』
  講師: 中部大学教授
     
       細川 昌彦(ほそかわ まさひこ) 先生
      
  会場:ウィンクあいち <5F小ホール1>

  1955年生まれ。東京大学法学部卒、ハーバード・ビジネス
  スクールAMP修了。77年通商産業省入省。
  83年「東京国際映画祭」を  企画立案し、
  立ち上げる。85年山形県警本部警務部長
  (警察への出向第一号として2300人の組織マネジメント
  に取り組む)。
  98年米州課長(日米間の通商交渉の責任者)。
  2001年スタンフォード大学客員研究員、03年中部経済
  産業局長(「グレーター・ナゴヤ」を提唱する)。
  04年日本貿易振興機構ニューヨーク・センター所長
  (NY初の「日本食フェスティバル」を仕掛け、開催する)。
  06年経済産業省退職後、日本鉄鋼連盟常務理事。
  08年中京大学経済学部教授。09年中部大学教授に着任、
  現在に至る。教鞭をとる傍ら、愛知県など自治体や
  グローバル企業数社の顧問、社外役員なども務める。
  著書『メガ・リージョンの攻防』(東洋経済新報社) 

   7月5日(火) 『脳と身体に効くストレッチ』
  講師: 藤田保健衛生大学医学部 客員講師
       加藤 利枝子(かとう りえこ) 先生
      
  会場:ウィンクあいち <1101会議室>

  1982年よりエアロビクスの指導、86年より名古屋市笠寺
  福祉会館の高齢者健康体操の指導を始めてから、
  その他の福祉会館に延べ700名の高齢者を指導中。
  NHK文化センターやスポーツクラブ等で、ソフトエアロビクスの
  クラスも担当。08年6月に株式会社あい・愛マインドを設立し、
  代表取締役に就任。
  高齢者の健康体操を中心に現在は、地域の指導員育成
  (湖西市・熱海市他)や専門のインストラクター(介護職者・ 
  健康体操インストラクター)の育成にも力を注いでいる。
  NHK文化センター名古屋にて3教室が全て満席を継続中で、
  常にキャンセル待ちの状態です。
  この機会にカリスマ先生のレッスンを受けてみませんか?

  ※当日は動きやすい服装でご参加ください。 

   7月21日(木) 『落語で幸せ』
  講師: 落語家
     
        雷門 福三(かみなりもん ふくぞう) 先生
      
  会場:ウィンクあいち <1101会議室>

  1963年生まれ。本名おがわひでのぶ。師匠は雷門小福。
  チャーリーの名前で少年ボーイズの舞台を中心にテレビ、
  ラジオで活躍する。役者歴22年。
  平成18年1月16日より雷門小福師匠に入門。
  平成20年1月16日二つ目昇進 尾張旭在住。
  現在役者+落語家として大須演芸場を中心に活躍中。
  夜は大須で駄菓子屋バー「チャーリーズ」を経営する。
  営業時間18:30頃から0:00頃まで。日曜休み。 
  ■落語■
  名古屋市芸術創造センター「名古屋の落語家を全部見る会」、
  ワッハ上方小演芸場「雷ONハート」、大阪高津神社「まめぽん
  の会」ゲスト出演、フォレスパ木曽あでら荘、雷門福三二つ目
  昇進披露会、現在落語家として大須演芸場に出演中。

   8月8日(月) 『なつかしさの起源を探る―認知心理学の観点から』
  講師: 名古屋大学大学院
        環境学研究科
       教授 
       川口 潤(かわぐち じゅん) 先生
      
  会場:ウィンクあいち <5F小ホール1>

  京都に生まれる。1977年京都大学教育学部教育心理学卒業。
  82年京都大学大学院教育学研究科教育心理学博士課程修了。
  奈良女子大学文学部助手、愛知県立芸術大学講師、助教授、
  名古屋大学情報文化学部助教授、教授を経て、
  現在、名古屋大学大学院教授(環境学研究科社会環境学
  専攻心理学講座)。
  情報処理的アプローチで人間の心がわかるか、
  に関心を持ち研究をはじめる。
  ものがわかるために注意がどのように関わっているのか、
  注意を向けない情報はどのようになるのかを調べていくうち、
  記憶の問題へとつながっていった。
  現在は記憶と注意や意識に関わる問題に関心を持っている
  とともに、そのような心の機構がなぜできあがってきたかを
  明らかにしたいと考えている。

   9月7日(水) 『美食同源―目指すはしなやかな心と体―』
  講師: 株式会社玄米酵素 主幹・管理栄養士
       加藤 初美(かとう はつみ) 先生
      
  会場:ウィンクあいち <5F小ホール1>

  埼玉県十文字短期大学を卒業後、さらに1 年同大学にて
  栄養学を専攻。卒業後、興和研究所にて7 年にわたり
  医薬品の研究助手として勤務。漢方薬局での勤務経験もある。
  現在、株式会社玄米酵素主幹、エコロクッキングスクール
  責任者、管理栄養士として活躍。
  また、全国で年間100 回以上に及ぶ健康講座を行う。
  飽食の時代と云われている現在、食べ物が豊富にあり
  好きなものを好きなだけ食べることができるようになりました。
  その反面、肥満や高血圧、食物アレルギーを始めとする
  生活習慣病が増えてきました。生活環境が悪化する現在、
  私たちに出来ることは何でしょうか?
  この機会に健康を守る「正しい食生活」とは何かを、
  一緒に勉強してみませんか?

   10月12日(水) 『すごいチームをつくる7つの設計図』
  講師: 株式会社V字経営研究所
        代表取締役
       酒井 英之(さかい ひでゆき) 先生
      
  会場:ウィンクあいち <5F小ホール1>

  ビジョンの実現を通して次世代リーダー育成コンサルタント。
  慶應義塾大学経済学部卒業後、ブラザー工業鰍ノ入社。
  入社2年目で企画した商品が大ヒット。
  営業部では優秀セールスマン賞を7回受賞。
  同社がミシンから情報機器メーカーへとV字回復する一翼を
  担う。 この経験を活かし、戦略コンサルタントに転身。
  ビジョンを持たない会社をビジョナリーな会社に変えるべく、
  延べ400社以上のコンサルティングや幹部育成に従事。
  この中には、シェア8%の商品が70%に躍進した会社や、
  最後発から7年かけてNo.1企業へと成長したケースなどの
  V字回復実績がある。
  2014年に次世代リーダーの育成を専業とした
  碍字経営研究所を設立。
  「人生送りバント」「ヘコタレをチカラに」をモットーに成果が出る
  まで粘り強く指導する姿勢に経営者・幹部多数。
  著書に『勝ち組になる会社・なせない会社』『稼ぐチームの
  つくり方』  『スーパー上司力』(アーク出版)
  『仕事ができる人会社に必要な人』
  (クロスメディアパブリッシング) ほか。

   11月17日(木) 『秋の夜長のコンサート♪篠笛とピアノの響き』
  会場:千種文化小劇場
  星空ラマン:
  篠笛:米津宏美、鍵盤&作曲:立仙易大の2人からなる
  ユニット。ライブハウスでの出会いをきっかけに、
  互いの和洋楽器の世界観を活かし活動をスタート。
  愛知県を拠点に全国でコンサートやイベント、記念式典など
  精力的に演奏活動を行う。

  コスタリカギタリストのフェデリコ・ミランダ、デザイナーの
  ロバート・ムーア、篠笛奏者 狩野泰一など
  数々のアーティストとコラボレーション。
  立仙易大 作曲によるオリジナル作品の数々は、
  世の中の喜怒哀楽をストレートに表現している。

   
  米津宏美:
  篠笛教室 心音舎 代表

  地元女性のみの和太鼓集団へ入団。
  ツアー各地で打楽器担当。数年後、
  篠笛教室&横笛奏者として活動開始。
  ロビーコンサート、セレモニー、町おこし、Jazz、など
  フリー活動、ロータリークラブ等で講演活動を行う。
  2013年10月には韓国『順天湾国際庭園博覧会2013』
  に参加。
  自身が幼少の頃に抱えていた心身の傷が、
  篠笛で癒された経験をもとに、より多くの方に篠笛の
  可能性を伝えるべく普及活動に務める。

  
  立仙易大:
  音楽事務所 Kujack Music 代表。
  ピアニスト

  日本舞踊の事務所に6年勤務する傍ら、
  関東の音楽事務所でアレンジャー&
  サポートピアニストとして携わる。
  2011年、篠笛ピアノユニット「星空ラマン」を結成し、
  篠笛の魅力と可能性をピアノとのコラボレーションで伝える。
  2014年Moosic in 中川運河の映画「はこぶね」のテーマ曲、
  2016年Filmusic in 中川運河の映画「ケツにラジオ」の
  音楽監督担当。
  ピアニストとしての観点から和文化の魅力発信と普及に
  努める。

COPYRIGHT(C)2011 生涯学習・セミナーなら名古屋市民大学講座 ALL RIGHTS RESERVED.