生涯学習・セミナーなら名古屋市民大学講座

HOME 生涯学習 自己啓発 セミナー 新入社員研修 名古屋市
講演会 生涯学習 自己啓発 セミナー 新入社員研修 一般社団法人名古屋市
はじめての方
第60期 講演会のご案内
料金システム案内
よくあるご質問
受講者の声
これまでの講演会(第59期〜)
これまでの講演会(第42期〜第57期)
これまでの講演会(第35期〜第41期)
これまでの講演会(第27期〜第34期)

セミナー 生涯学習 自己啓発 セミナー 新入社員研修 名古屋市
セミナー紹介

講師派遣 生涯学習 自己啓発 セミナー 新入社員研修 名古屋市
ビジネスマナー
メンタルヘルスセミナー
派遣講師紹介
講演会の講師派遣

インフォメーション 生涯学習 自己啓発 セミナー 新入社員研修 名古屋市
法人所在地
会員申込み
ブログ
お問い合わせ
チケット申し込み
法人会員のご案内


講座 開講日 講師名 講座名
第52期 第05回 2012年07月03日 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
コンサルティング事業本部
経営戦略部長 酒井 英之
「問題解決ができる人の   
        たった一つの習慣」

・今の職場での問題点が見えた気がしました。これから、少しでも改善出来るように考えて、行動したいと思いました。(20代 女性)

・目からウロコの内容でした。(40代 男性)

・考え方を変えると、コミュニケーションが取れるようになることがわかった。(40代 男性)

・成功の循環や問題開発の着眼点については、再度思い起こすきっかけになりました。またコミュニケーションの本質については、良い気づきになり、今後実践していきたいと思います。(40代 男性)

・関係の質が大事である。問題解決は、もう一歩先を見て考える。(50代 男性)

・コミュニケーションの意味は深いのですネ。目の前の相手にばかり向きがちでした。真のニーズは、その先に目を向けないと見えて来ないのですネ。相手にも能動的になってもらえるまで、一緒に同じ方向を見ることを考え、智恵を出し合いたい。(60代 男性)

・大納得!目の前の問題解決だけではなく、もっと先を見る目を養いたいと思いました。(60代 女性)

・狭い視野で、目先の事柄のみに関わるだけでは、満足できる成果は得られないことが良く理解できました。広く見通して、お互いに喜び合えることを目指して考え、行動すべきことを学びました。 (0代 性)

・焦点をどこに置くかによって、その結果が大きく変わることを教えていただきました。とても参考になるお話でした。(70代 男性)

・問題解決に対する具体的説明に感銘を受けました。これからの生活に生かして行きたいと思います。実践をするのは自分であると理解を深めました。(70代 男性)

・大変わかりやすいお話で良かったです。目の前ではなく、もっと先を見て行くこと、参考になりました。(70代 女性)

・先生の色々な事例についてのお話しをお聞きして、問題解決のための、顧客満足度向上のための見方について、新しい発見を得られました。それは、直接の相手のその先の人々・集団について、何が喜ばれるかまで考えを進める必要性があることを納得致しました。今後のコンサル業務に非常に役立つものと思います。習慣化するように努力します。ありがとうございました。(80代 男性)

・いろいろな業種の問題点から、成功にいたるまでの一風かわった取組をわかりやすく教えていただき、とても良い講座でした。目の前の商談の相手ばかり見ていては真のニーズをつかむことができないので、見方を変えて相手が喜ばせたい人を喜ばすお手伝いが、何ができるかを考えると、良い結果が出せるということが参考になりました。自分が満足を感じる時と顧客が満足を感じる時には違いがある為、顧客を満足させられる努力が必要。部下に対しできないことを怒るのではなく、どうしたらできるようになるのか?良い成果があがるのかを同じ目線に立ち、一緒に考えていけるような関係を構築していきたいと思います。

・理論的な話もわかりやすく説明してもらい、具体的な成功例も自分達の仕事と一致するものもあり、CSの向上に良いヒントを得たと思います。CSの本質というテーマの話で、お客様がどういった時に満足感を感じるかと問われた時に、期待以上のサービスをするのではなくお客様が誰を喜ばせたいのかというのを考えると欲が出てくる、というのはとても参考になりました。CSの向上ももちろん大事ですが、社員でコミュニケーション(上司と部下が向きあうのではなく、一緒の方向を向いて考え実行する)を考えながら仕事をしていきます。

・問題解決が出来る人と言う題名から、どんな切り口か楽しみにしておりました。予想とは反して自分に対してよりは、部下や会社の同僚などどれだけやる気にさせるかと言う、すごくおもしろく自分の発想にない話でとてもためになった。営業マンとして目の前の商談相手ばかりを見てしまいがちですが、相手を喜ばせようとするとそこが最高潮に達してそこで満足してしまう。商談成立後もしっかりフォローし、この営業マンから買ってよかった、この会社でよかったと言っていただけるようにしたいと思う。ネッツトヨタ南国(高知県)の話が例に出たが、試乗車を2日間出しお客様の使用の用途にあわせ使ってもらい、納得いただき考えてもらう。2日間試乗車を出すまではいかないにせよ、お客様にその家族の方にも納得いただくようにしていきたい。

・話し方が面白くすごく聞きやすかった。顧客満足はどこにあるか、何に喜びを感じるのか分かりやすかった。顧客だけでなく、すべての人間関係も同じであることがよくわかった。関係の質さえよくなればすべてがうまくいく、成功の循環になっていく、問題は一つ、関係の質を良くするだけと言うことが分かりやすく、楽しく講座を聞くことができました。話の内容も大切だが、話す順番とか目に見える図とかとても大切だ、ということが聞いていてよくわかった。参考にしていきたい。相手を喜ばすには、その向こう側にいる人を喜ばせばいいこと、相手と向こう側の人の間を見ればいいこと、なんとなく自然にできているときもあるが、意識してやっているわけでは無いので、今回の講座でぼんやりと考えていたことの答えを教わった。自分のスキルアップにかなり役に立つ。商談時に一歩踏み込んだ話をしようと思いやってきたが、今回の講座でどこに踏み込んだらいいのか答えを教えていただいた。係長としての立場で言うと、すべての上司、部下、同僚、得意な人、苦手な人かかわらず、コミュニケーションを取っていけそうです。

・全体の話が、どの様にして顧客を満足させるかという事で例としてディーラーなどの話も出てきたので、非常にわかりやすい講座でした。講話の最後には部下育成の話も出てきて、今後の仕事に生かしていきたいと思う話でした。参考になった事は、顧客満足のための着眼点として、自分と顧客(商談相手)ばかり見ていては真のニーズは掴めないという事で、その先の顧客のお客(さまざまな人、もしくは数年後の顧客)の事を考え、その問題を解消するための策立案をしてお手伝いをする。さらにそのお手伝いもありきたりではなく、サプライズ的な考えで行う事、は話を聞いてかなり納得しました。講話の最後の方で部下育成の話がありましたが、上司・部下の対面でのコミュニケーションではなく、上司と部下で一緒に同じ方向を見つめる事(たとえばもっといい職場・理念・使命の実現・お客様の喜ぶ顔など)が部下を育てる事で、上から下への一方通行では部下は成長しないという内容を今後の新人育成にも意識して取り組んでいきたいです。

以上(原文のまま)

COPYRIGHT(C)2011 生涯学習・セミナーなら名古屋市民大学講座 ALL RIGHTS RESERVED.